何でもするから

2024/02/03

ゲセマネ 奇跡 祈り

「子どもの上に身を重ね」

(列王記下4章34節  顕現後第5主日)


 私たちは愛する人が病気や死に面するとき、「元気になるなら何でもするから」と願い、祈ります。
  預言者エリシャには援助してくれていた大切な婦人がいました。しかしその息子が、くも膜下出血で亡くなります。悲しむ母親を前に、エリシャは「何でもするから」と預言者の威厳を何とも思わず、うつ伏せになって子どもの体の上に自分の体を重ね、自分の口を子供の口に、その手を手に、その目を目に付けて、創り主の真似をして息を吹きかけ、手を温めて懸命に祈りました。それでもダメなら、起き上がって家の中を歩き回っては思いつく限りの言葉でぶつぶつ祈り、もう一度、覆い被さりました。そうすると神はその祈りを聴き、息子は癒され、生き返ったのです。やみくもの努力が報われたのです。   
  イエスさまの周りでも同じでした。みな必死です。「元気になるなら何でもするから」とシモンは熱病の姑を連れてくる。それを聞いた人々も「何でもするから」と町中の病人や悪霊に取り憑かれた人々を連れてくる。イエスさまが祈っている最中にもかかわらず、「何でもするから」と弟子たちはガリラヤ中の人を連れてきたのです。
  祈りにルールはありません。恥もプライドも捨て、思いついたことは「何でもして」神さまに願うのです。どんな言葉も、どんな姿勢も、いつでもどこでも誰にでも、必死に願うのです。そうすれば神さまはその願いを必ず聴き、死に対して命の勝利を現されます。それが「み国が来る」という宣教です。
  イエスさまも「父よ、何でもしますから」と私たちが死の力から癒されるために祈りました。ゲッセマネで祈りました。その条件が「他人の罪を受けて死になさい」であってもそれを受けました。何とかして私たちを癒して、救いたかったのです。
 そしてその命懸けの祈りを神は聴き、復活の命を与えられました。
 神さまは私たちが罪から癒されるためには「何でもする」お方です。私たちの罪を背負って死ぬことさえ厭わない、愛のお方です。
 「何でもするから」と自分の命をお与えになる神さまを陪餐で頂き、神さまの手足となれますように。「あなたが癒やされるためなら何でもする。信じるためなら何でもする。だから神さまを信じてください。神さまに癒されてください」と。


このブログを検索

そのほかのメッセージ

ラベル

復活 十字架 神の愛 イエス 信仰 聖餐式 祈り 三位一体 受肉 神の国 聖霊 アッバ 癒し キリスト 委ねる 悔い改め 救い 自分らしさ 赦し アブラハム クリスマス 勝利 召命 変容 恵み 悪霊 教会 昇天 神の子 解放 ぶどう園 インマヌエル ゲセマネ ゲッセマネ 兄弟姉妹 喜び 奇跡 嫉妬 子ども 弱さ 忍耐 悔い改め、荒れ野 悪魔 放蕩息子 洗礼 洗礼者ヨハネ 神の支配 羊飼い 行い 過ぎ越し 陪餐 うつ かみのくに からし種 み名 み心 アダム イスラエル エリヤ ガリラヤ サマリア人 ザアカイ スキャンダル タラントン タリタクム トマス パン裂き ピスティス ペテロ ペトロ マリア マルタ メシア ヤイロ ユダ ユーカリスト ラザロ 不正な管理人 主の祈り 今ここに 伝道 信頼 偶像 再創造 再臨 出エジプト 創造主 十戒 受難 境界線 大祭司 天国 奉仕 奉献 婚宴 宣教 希望 平安 律法学者 従順 忠誠 感謝 憐れみ 懺悔 成就 戒め、山上の説教 承認欲求 招き 新しい創造 最後の晩餐 栄光 楽園 権威 歴史 毒麦の譬え 洗足式 灰の水曜日 無力 父、三位一体 独り子 生きる意味 疑い 真理 礼拝 祝福 神の家 神の言葉 神殿 祭司 種蒔き 絶望 聖書 自己肯定 自由 裁き 見失った羊 覚悟 親密さ 観想 記憶 誓約 誘惑 譬え 貧しい人 貧しい人、共有、復活 賜物 賢明さ 迫害 追放 重荷 障害 静けさ 食卓

自己紹介

自分の写真
大津市, 滋賀県, Japan
聖公会京都教区の司祭です。大津聖マリア教会勤務です。うつ当事者として自助グループ「マ・カタリーナ」の世話人もしています。リンクをご覧ください。

日本聖公会京都教区 大津聖マリア教会

Wikipedia

検索結果

コメント

名前

メール *

メッセージ *

Tags

QooQ