求めたあとに 

2024/02/10

エリヤ 静けさ 変容

 「静かにささやく声が聞こえた」

(列王記上19章12節, 大斎前主日)


 敵に命を狙われた預言者エリヤは、神の声を聞くために聖なる山、シナイ山を登りました。しかしその声は激しい風や地震や炎の中からは聞こえず、全てが終わったあとの「静かにささやく声」でした。そして愛が示され、さらなる使命が示されました。
 変容での神の声もまた「静かにささやく声」だったのだと思います。ペトロたちは、死を予言されたイエスさまに従ってタボル山を登りました。そこでイエスさまが光り始めたとき、ペトロは恐れて精神力と思考力の全てを尽くしてあるゆる「自分でもどう言えば良いのか分からなかい」言葉を述べ連ねました。
 そのあと、登山のあとには心が静かになるように、ペトロたちに神さまの愛の声が静かに、かすかに、聞こえたのです。「これはわたしの愛する子。これに聞け」どう祈れば良いのか分からなくても、全ての心と言葉で祈り求めたあと、神さまは静かにささやくように語りかけられます。その愛によって命は肯定され使命が与えられます。
 神の声は求めるときに都合よく聞こえるものではなく、私たちが求めて求めて、愚かな知恵をも尽くして「それでも聞こえなかった」と思ったあとに聞こえる、静かにささやく声です。人間の全ての行動よりも静かで深い愛の肯定と、力強い使命感です。聞こえないのは神の声が小さいからではなく、私たちの声がうるさいからなのです。
 イエスさまは共におられます。私たちが神を激しく求めるときも、涙に震えるときも、怒りに燃えるときも、何も聞こえないと嘆くときも。そして愛を語りかけて導かれます。魂の深い静けさへと。「わたしと聞こう。深い愛と、強い力の静けさを。」

このブログを検索

そのほかのメッセージ

ラベル

復活 十字架 神の愛 イエス 信仰 聖餐式 祈り 三位一体 受肉 神の国 聖霊 アッバ 癒し キリスト 委ねる 悔い改め 救い 自分らしさ 赦し アブラハム クリスマス 勝利 召命 変容 恵み 悪霊 教会 昇天 神の子 解放 ぶどう園 インマヌエル ゲセマネ ゲッセマネ 兄弟姉妹 喜び 奇跡 嫉妬 子ども 弱さ 忍耐 悔い改め、荒れ野 悪魔 放蕩息子 洗礼 洗礼者ヨハネ 神の支配 羊飼い 行い 過ぎ越し 陪餐 うつ かみのくに からし種 み名 み心 アダム イスラエル エリヤ ガリラヤ サマリア人 ザアカイ スキャンダル タラントン タリタクム トマス パン裂き ピスティス ペテロ ペトロ マリア マルタ メシア ヤイロ ユダ ユーカリスト ラザロ 不正な管理人 主の祈り 今ここに 伝道 信頼 偶像 再創造 再臨 出エジプト 創造主 十戒 受難 境界線 大祭司 天国 奉仕 奉献 婚宴 宣教 希望 平安 律法学者 従順 忠誠 感謝 憐れみ 懺悔 成就 戒め、山上の説教 承認欲求 招き 新しい創造 最後の晩餐 栄光 楽園 権威 歴史 毒麦の譬え 洗足式 灰の水曜日 無力 父、三位一体 独り子 生きる意味 疑い 真理 礼拝 祝福 神の家 神の言葉 神殿 祭司 種蒔き 絶望 聖書 自己肯定 自由 裁き 見失った羊 覚悟 親密さ 観想 記憶 誓約 誘惑 譬え 貧しい人 貧しい人、共有、復活 賜物 賢明さ 迫害 追放 重荷 障害 静けさ 食卓

自己紹介

自分の写真
大津市, 滋賀県, Japan
聖公会京都教区の司祭です。大津聖マリア教会勤務です。うつ当事者として自助グループ「マ・カタリーナ」の世話人もしています。リンクをご覧ください。

日本聖公会京都教区 大津聖マリア教会

Wikipedia

検索結果

コメント

名前

メール *

メッセージ *

Tags

QooQ