神さまから逃げない

2024/01/10

観想 今ここに

 「ここにいます」サムエル記上3章4節

2024年1月14日 顕現後第2主日

REYNOLDS, Sir Joshua.The Infant Samuel

   大預言者サムエルは神と出会ったとき正しくも「ここにいます」と答えましたが、「まだ主を知らなかったので」三度エリの元へ逃れて行きました。しかし四度目にはもう誰のもとにも走らず、語りかけられたその場から逃げず「どうぞお話ください。僕は聞いています」と答え、そうして主の呼びかけを聞きました。
 観想または瞑想とは、聖書箇所を想う黙想とは違い、言葉と対象を持たず「今ここにいる」自分と神の関係に留まる祈りです。 私の場合は呼吸を意識す座禅やや歩く禅や椅子に座っての瞑想をしています。
 そんな瞑想の妨げは「今ここに」いる神と自分から逃げることです。自分を無にすることが怖いのです。だから他のことを「気晴らし」に考えます。サムエルがエリの元へと逃げていった自然な反応です。
 しかし本当に「神を知る」ためには、今ここにいる神と自分に留まる必要があります。「ここにいます」と。そうして初めて神を「知る」のです。
 イエスさまは荒れ野や山で、夜を徹して観想されました。「気晴らし」に逃げずに向き合われました。そうすることで情けない私たち、弟子の「間に宿られ」ました。今も逃げずに共に居続けてくださいます。
 神さまこそ私たちの「今」から逃げずに留まってくださるお方です。十字架の死の苦しみにも、復活の命の喜びにも、私たちの「今ここに」生きる瞬間を共にしてくださいます。
 「逃げないでほしい。わたしは今、ここにいる。」


このブログを検索

そのほかのメッセージ

ラベル

復活 十字架 神の愛 イエス 信仰 聖餐式 祈り 三位一体 受肉 神の国 聖霊 アッバ 癒し キリスト 委ねる 悔い改め 救い 自分らしさ 赦し アブラハム クリスマス 勝利 召命 変容 恵み 悪霊 教会 昇天 神の子 解放 ぶどう園 インマヌエル ゲセマネ ゲッセマネ 兄弟姉妹 喜び 奇跡 嫉妬 子ども 弱さ 忍耐 悔い改め、荒れ野 悪魔 放蕩息子 洗礼 洗礼者ヨハネ 神の支配 羊飼い 行い 過ぎ越し 陪餐 うつ かみのくに からし種 み名 み心 アダム イスラエル エリヤ ガリラヤ サマリア人 ザアカイ スキャンダル タラントン タリタクム トマス パン裂き ピスティス ペテロ ペトロ マリア マルタ メシア ヤイロ ユダ ユーカリスト ラザロ 不正な管理人 主の祈り 今ここに 伝道 信頼 偶像 再創造 再臨 出エジプト 創造主 十戒 受難 境界線 大祭司 天国 奉仕 奉献 婚宴 宣教 希望 平安 律法学者 従順 忠誠 感謝 憐れみ 懺悔 成就 戒め、山上の説教 承認欲求 招き 新しい創造 最後の晩餐 栄光 楽園 権威 歴史 毒麦の譬え 洗足式 灰の水曜日 無力 父、三位一体 独り子 生きる意味 疑い 真理 礼拝 祝福 神の家 神の言葉 神殿 祭司 種蒔き 絶望 聖書 自己肯定 自由 裁き 見失った羊 覚悟 親密さ 観想 記憶 誓約 誘惑 譬え 貧しい人 貧しい人、共有、復活 賜物 賢明さ 迫害 追放 重荷 障害 静けさ 食卓

自己紹介

自分の写真
大津市, 滋賀県, Japan
聖公会京都教区の司祭です。大津聖マリア教会勤務です。うつ当事者として自助グループ「マ・カタリーナ」の世話人もしています。リンクをご覧ください。

日本聖公会京都教区 大津聖マリア教会

Wikipedia

検索結果

コメント

名前

メール *

メッセージ *

Tags

QooQ